新春プレイバック・シアター吉祥1Dayワークショップ

自分へのメッセージ

参加された方のどのstoryも
自分へのメッセージのように感じました

自分の道を歩くこと
自信をもって歩くこと
一方で誰かに心配をかけること
自分が心配すること

けれど大きな流れの中で
それらはひとつになってゆくように思います

大きな流れの中にいる事を感じて
小さなごたごたやとまどいは
そこにあることは大切にしつつも
とらわれずに生きていきたいなあ
と思っています、今!!

(50代・男性)

 

『生に直に魂に触れ合う』ドラマ

・私達は過去に色々な「想い」をチャージしていると思います。
それは個人としての自分の悲しみや痛み。もっと大きく時代や文
化の中での痛みや苦悩。互いにそれを共有するための、そして距
離をとってそれを見つめ直すためのプレイバック。『生に直に魂
に触れ合う』本当にドラマだと思います。

・私はバックボーンをユングや河合隼雄先生に置きながら表現活
動もしてきました。昨年末 ‘アドラー’ の再評価に出会い自己表現
的にはアドラーの『過去はない』「又は過去に興味はない」とい
う物の見方も一理ある・・・とも思い、ユングもあり、アドラー
もあり・・・なのか・・・と想う今日です。

・色々な可能性を試したいと思います!

(50代・男性)

 

プレイバックはすてきだ!!

・安全で安心できる場だった。

・参加者一人一人が誠実にこの場に居ることが場の空気を良いものにしていたと思う。

・お昼寝もよかった。

・それぞれのストーリーはテラーの勇気ある自己開示によって、又アクターの真摯なアクティングによってその場に確実に届いている。もちろん観客の存在は何物にもかえがたい。プレイバックはすてきだ!!

・どんな人もその人の人生そのものが価値があって、リアルなストーリーはどれも深く豊かだ。人間はすばらしい!!

(富士山の子/60代・女性)

 

かけがえのない時間なのだと再発見

温かいふんいきの中で、楽しかったし、リラックスしてすごしました。

テラーとして語ることで、日常のワンシーンが大切でかけがえのない時間なのだと再発見することができました。

こんな場にいられることも幸せだなと思いますり

テラーとして語るとき思いついていない状態でテラーとなる場合も面白いと思います。

不思議と話になり、こんなので大丈夫かと思いつつ、素敵なシーンとして演じてもらえて嬉しくなります。

演じるのもまた楽しいです。

ありがとうございました。

(40代・女性)